iTermに乗り変えたついでにScreenも入れなおして256色対応にした

投稿日:2009/03/17 00:50:43

iTerm は特に使う理由がないと思ってたのでスルーしてたんですが、ふと思い立って入れてみました。別に重かったりもしないし割といいなーと思ってたら、Terminal で決定的に問題だった、set ambwidth=double が効かない問題がなんと iTerm では解決できていたのでさっさと乗り換えることにしました。

set ambwidth=double が効かない問題っていうのは、Terminal から Vim を使ってると set ambwidth=double にしても、□とか◯とかって文字がマルチバイト扱いしてもらえなくて、結果的にその後の文字とカーソルがずれるっていう問題です。これは HTML なんかを書いてると致命的で、仕方なくそのために gVim を起動してたりしてたわけです。

ついでに前々から gVim ではなくて Vim でも、シンタックスカラーリングをカラフルにしたいなあと思いつつ我慢してたわけですが、なにげに こんなエントリー を見つけたので早速導入してみました。

これで、256色対応って書いてあるカラースキームなら使えるようになります。本家 vim.org でも検索するとそれなりに見つかります。 拙作の monochrome.vim も対応しようかな。(見にくいとかマジレスされても困りますからね)

[追記: 09/03/17 01:49] iTerm + screen + vim での色設定

256色に変換するプラグインがあったんですなー!

Posted at: 
2009/03/17 00:50:43
1 Comment
0 TrackBacks
Tags: 
iterm
vim
Trackback: 
http://blog.monospace.jp/2009/03/17/iterm_screen_256/trackback/
この日記のはてなブックマーク数

TrackBacks

まだ登録されていません。

Comments

スパムコメントしか来ないのでコメント欄はリードオンリーです。コメントはTwitterなどでおねがいします。

hfunai

自己レス。
iTermでもScreen使うとやっぱ ambwidth が怪しい…

Created at: 
2009/05/15 17:25:19